• TOP
  • MYページ
  • 会員登録
  • カゴの中を見る

アプリのインストール

インストールの流れ

  • !各種ダウンロードのために、インターネット接続を行います。設定内容およびご契約内容によっては、パケット代が発生することがありますので、ご注意ください。

    インストールの流れ

    !本マニュアルで使用されている画面は、Android 4.1 端末の例です。お使いの端末により、表示される内容が異なる場合があります。

ページの先頭へ

1端末の設定

  • Android端末にアプリをインストールできるように設定します。

    1「設定」画面で「セキュリティ」をタッチします。
    メモAndroid2.3の端末をご使用の場合は、「設定」画面で「アプリケーション」をタッチしてください。
  • 2[提供元不明のアプリ]をタッチして、チェックします。
    メモ設定方法について、詳しくはお使いのAndroid端末のメーカーの取扱説明書をお読みになるか、メーカーにお問い合わせください。
    Tips[提供元不明のアプリ]の設定は、通常お買い上げ時の設定では「オフ」になっています。
    この状態では、「Play ストア」以外で提供されるアプリがインストールできなくなっています。
    [提供元不明のアプリ]をタッチ

ページの先頭へ

2ダウンロードとインストール

  • アプリを弊社専用ページからダウンロードしてインストールします。

    3「IKARUS mobile. security」のダウンロードページにアクセスします。
    ダウンロードページへのアクセスには、2つの方法があります。
    【1】以下のQRコードを撮影してアクセス
    ダウンロードページQRコード
    【2】URLをブラウザに直接入力
    http://app.elecom.co.jp/dl/IKARUS_mobile_security.apk
  • 4「IKARUS mobile. security」のダウンロードを開始します。
  • 5ステータスバーに[↓]マークが表示されたら、ステータスバーを下方向になぞって、通知パネルを開きます。
    通知パネルを開く
  • 6右の画面が表示されます。
    [IKARUS mobile.security.apk]をタッチします。
    ダウンロードとインストール/[IKARUS mobile.security.apk]をタッチ
  • 7右の画面が表示されます。[インストール]をタッチします。
    ダウンロードとインストール/[インストール]をタッチ
  • 8「IKARUS mobile. security」のインストールが終了します。
    このあと続いて、IKARUS mobile. securityの設定をおこないます。
    [開く]をタッチして、次の「IKARUS mobile. securityの初期設定」に進んでください。
    Tips[完了]をタッチすると、インストール画面を閉じます。
    ダウンロードとインストール/[開く]をタッチ

ページの先頭へ

初期設定をする

  • IKARUS mobile. securityを使用するには、最初にIKARUS mobile. securityを使用するため機能の設定が設定が必要になります。
    IKARUS mobile. securityでは「チュートリアルウィザード」を用意しています。
    「チュートリアルウィザード」では、画面の指示に従って進むだけで、機能の内容を把握しながら必要な設定ができます。

1シリアル番号の入力

  • メモシリアル番号は登録した端末1台でのみ利用可能です。

    1トップ画面で[承諾]をタッチします。
    初期設定/[承諾]をタッチ
  • 2データ更新を開始します。終了したら[次へ]をタッチします。
    初期設定/[次へ]をタッチ
  • 3シリアル番号を入力します。
    同梱の「シリアル番号カード」に記載されている製品のシリアル番号(16 桁)入力します。
    【 1 】[QR コードをスキャン]をタッチします。
    【 2 】 表示される画面で「シリアル番号カード」に記載されているシリアル番号のQR コードを撮影します。
    「シリアル番号欄」にシリアル番号が入力されます。
    【 3 】[ ライセンスを有効にする]をタッチしてシリアル番号を登録します。
    Tips「シリアル番号欄」にシリアル番号を直接入力することもできます。
    !認証済の端末では本製品のシリアル番号は利用できません。
    更新用のシリアル番号をご利用ください。
    有効なライセンスが確認されると、チュートリアルウィザード画面に進みます。「2 チュートリアルの実行」に進んでください。
    初期設定/シリアル番号を入力

ページの先頭へ

2チュートリアルの実行

  • 4チュートリアルを実行するかどうかを確認する画面が表示されます。
    このチュートリアルを利用すると、下記の順序で、本製品の基本機能を確認しながら、必要な設定が行えます。
    • USSDプロテクト
    • 遠隔操作/盗難防止
    • 遠隔操作のパスワード
    • SMSフィルタリング
    • Webフィルタリング
    チュートリアルの実行
  • 5[次へ]をタッチします。
    USSDプロテクト機能の設定画面に移ります。
    メモ[スキップ]をタッチすると、チュートリアルを実行せず、初回スキャン実行画面が表示されます。(→【7】初回スキャン)
    基本メニュー画面の「チュートリアルウィザード」で本ウィザードを再実行できます。(→テキストメッセージフィルタ/情報/チュートリアルウィザード/アンインストール)
    必要な設定は、基本メニュー画面からも行うこともできます。(→メイン画面について)
    チュートリアルの実行/[次へ]をタッチ

ページの先頭へ

3USSDプロテクト機能の設定

  • USSDプロテクト機能とは、ウェブサイトのtel: リンクにタッチすると端末のデータが全消去されてしまうといった脅威からAndroid端末を保護する機能です。アクセス中のサイトに有害なUSSD コードが含まれていないかを常に監視します。
    ※電話機能を持った端末でのみ利用できます。

    USSDプロテクト機能の設定
  • 6USSDプロテクト機能の概要を確認し、[有効]を選択してから[次へ]をタッチします。
    メモ[無効]を選択して、[次へ]をタッチすると、リモートコントロールの設定画面(→【4】リモートコントロールの設定)に移ります。
    SSDプロテクト機能の概要を確認
  • 7[OK]をタッチします。
    SSDプロテクト機能/[OK]をタッチ
  • 8アプリケーションの選択画面で[常にこの操作で使用する]選択し[IKARUS mobile. security]をタッチします。
    リモートコントロールの設定に移ります。
    SSDプロテクト機能/[IKARUS mobile. security]をタッチ

ページの先頭へ

4リモートコントロールの設定

  • リモートコントロール機能を利用すると、Android端末を紛失した場合などに、他の端末からSMS(ショートメッセージ)でコマンドを送信して盗難や不正使用を防止することができます。

    • 端末のデータ消去
    • 端末のブロック
    • 場所の特定
    • アラーム
    • SIM ロック
    リモートコントロールの設定
  • 遠隔操作を利用して端末現在地を確認する際、返信SMSにはGoogle MapのURLが含まれます。
    SMSの設定<SMS(Cメール)安心ブロック機能等>により、「http://」が含まれるSMSがブロックされる場合がありますので、これらの設定を解除してからご利用ください。

    9リモートコントロール機能の概要を確認し、[有効]を選択してから[次へ]をタッチします。
    メモ[無効]を選択して、[次へ]をタッチすると、SMSフィルタリングの設定画面(→【5】SMSフィルタリングの設定)に移ります。
    リモートコントロールの設定/[有効]を選択[次へ]をタッチ
  • 10右の画面が表示されます。[OK]をタッチします。
    リモートコントロールの設定/[OK]をタッチ
  • 11デバイス管理者を有効にする画面が表示されたら[有効にする]をタッチします。
    リモートコントロールの設定/[有効にする]をタッチ
  • 12アプリケーションの選択画面で、「常にこの操作で使用する」をチェックして、[IKARUS mobile. security]をタッチします。
    リモートコントロールの設定/アプリケーションの選択画面
  • 13リモートコントロールを設定するためのパスワードを入力し、確認のための再入力をして、[次へ]をタッチします。
    メモパスワードは、6文字以上15文字以内で入力してください。アルファベットと数字が使用できます。
    アルファベットと数字は必ず1 文字以上必要です。
    Tips「パスワードをテキストで表示」をチェックするとパスワードがテキストで表示されます。
    リモートコントロールの設定/パスワードを入力
  • 14リモートコントロールの項目を確認します。
    設定できるリモートコントロールは次の4 種類です。
    データ消去:wipe:[password] と電話番号にテキストを送信することで、個人データをただちに削除されます。
    端末のロック:lock:[password] と電話番号にテキストを送信することで、端末はただちにロックされます。
    端末の探索:locate:[password] と電話番号にテキストを送信することで、端末の現在位置情報をGoogleマップリンクから取得できます。
    アラーム:alarm:[password] と電話番号にテキストを送信することで、端末はアラームを発信します。また、パスワード入力以外でアラームを停止することはできません。
    メモリモートコントロールの方法については、「リモートコントローで端末を保護する」(→リモートコントロールで端末を保護する)をご覧ください。
    リモートコントロールの項目を確認
  • 15[Next]をタッチします。
    SMSフィルタリングの設定画面に移ります。

ページの先頭へ

5SMSフィルタリングの設定

  • SMSフィルタリングとは、迷惑SMS(ショートメッセージ)の拒否ができる機能です。
    ブラックリストに特定の相手を登録することで、着信が拒否することができます。
    また、返信内容を入力し、登録しておく機能もあります。

    SMSフィルタリングの設定
  • 16SMSフィルタリングの概要を確認し、[有効]を選択してから[次へ]をタッチします。
    メモ[無効]を選択して、[次へ]をタッチすると、Webフィルタリングの設定画面(→【6】Web フィルタリングの設定)に移ります。
    テキストメッセージのブラックリストの登録画面が表示されます。
    SMSフィルタリングの概要を確認
  • 17「メッセージ履歴」タブをタッチします。
    着信履歴からブラックリストの登録をする画面が表示されます。
    SMSフィルタリング/「メッセージ履歴」タブをタッチ
  • 18ブラックリストに登録する着信履歴をチェックします。
  • メモ着信履歴からの選択は一部端末では利用できない場合があります。
    SMSフィルタリング/着信履歴をチェック
  • Tips[連絡先を選択]タブにタッチして、電話番号や連絡先に登録してある名前を直接入力し[追加]をタッチして、登録することもできます。
    SMSフィルタリング/直接入力
  • 19[次へ]をタッチします。
    Webフィルタリングの設定画面に移ります。
    SMSフィルタリング/[次へ]をタッチ

ページの先頭へ

6Webフィルタリングの設定

  • Webフィルタリングとは、不正サイトへのアクセス時に警告メッセージを表示する機能です。個人情報の漏えいやウイルス感染を防止します。
    ※標準ブラウザでのみ有効となります。

    Webフィルタリングの設定
  • 20Webフィルタリングの概要を確認し、[有効]を選択してから[次へ]をタッチします。
    メモ[有効]を選択して、[次へ]をタッチすると、初回スキャン画面(→【7】初回スキャン)に移ります。
    Webフィルタリングの概要を確認

ページの先頭へ

7初回スキャン

  • 21設定終了のメッセージを確認し、端末全体のスキャンを行う場合は、[はい]をタッチします。
    端末全体のスキャンを行う場合
  • 22メイン画面が表示され、スキャンが開始されます。
    これで、IKARUS mobile. securityの設定は終わりました。
    スキャンが開始
  • メイン画面から設定できる機能について詳しくは、「メイン画面について」をご覧ください。(→メイン画面について)